海外での妊娠、出産って本当に大変!

私は国際結婚をしているので海外に住んでいますが、海外での妊娠、出産は本当に想像以上に大変でした。

海外でのつわりはキツイ!

私が妊娠をした時には本当に匂いに敏感でどうしたら良いのかと思ってしまうほど相当辛くて死にそうでした。

特に困ったのが食事面で、海外の食事だと臭いが気になってしまったり、食べ慣れていないものばかりだったりとどうしても食べれるものが見つからず、何も食べていないというか、食パンなどばかりを食べていた状態でした。

つわり以外でも日本と海外の妊婦さんの健診内容とかも色々と違いがあったりするので、日本から送ってもらったりしていた妊婦さん用の雑誌とか出産向けの雑誌とかリストとかも全く役に立たなかったので残念でした。

出産もまさかの一人

海外で、外国人の夫や友達そして夫の家族が居るにも関わらずなぜか出産の時は私一人で付き添いとかも全くなく赤ちゃんを産むことになりました。

言葉も英語圏ではないので、なかなか思うように伝わらない状態で大変だったのですが、それ以上に大変だったのは流石に母乳がでなくて出産当日から困ってしまいました。

私の住んでいる国の女性達はほとんど母乳が出るらしく、母乳が出ないことなど無いと思っているようで、私がいくら母乳が出てくれないといっても信じてもらえず、育児放棄ではないかというふうに言われてしまってすごく辛かったです。

私は出産後体調を崩し倒れてしまっていたのですが、フラフラしながらも出ない母乳を挙げてみては出ないので看護婦さんに頼んでミルクをもらったりしていました。

ただ、看護婦さんたちも簡単にはミルクをもらえず相当説得してからやっと渋々もらえていたような感じで本当に辛かったです。

海外だと日本では考えられないようなことも多かったりするのですが流石に妊娠、出産は大変でした。

日本の家族、そして日本の食べ物があれば、随分違ったかもしれません。初めての海外での妊娠は本当に大変でしたが、その大変さをバネにこれからも海外生活を頑張っていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です