ペットについて

ペットブームが続いており、休日の朝や夕方に公園に行くと、愛犬を連れて楽しそうに散歩をさせている風景を見ることがあるのではないでしょうか。

ペットが飼えるほど日本が豊かなになったということなのかもしれませんが、ペットというのはその家族を明るくさせ、ネガティブ思考ではなく、ポジティブに見ることができるように元気づけてくれる存在にもなってくれます。

そしてペットは時に疲れて落ち込んでいる家族を癒したり、家族内で喧嘩をしてしまったときには、その間に入って仲直りをするように促すような行動をしてくれることさえあります。

特に犬はそうした家族の雰囲気や様子を観察し、それに応じた行動を取ることができるという賢さがあります。犬は家族の成員であり、犬がいることで、家族の場が和やかになり、険悪にならずに済んだということは多々あるものです。

仕事や外出先から帰ってくると、真っ先に迎えに来てくれて、尻尾を振って喜びを表す、それを見ると嬉しくなりますし、犬のために早く自宅に帰ってあげたい、そんな気持ちにもなることでしょう。

とはいえ、そんな愛犬のペットもいつもいつも元気でいてくれるわけではなく、病気になったり、骨折してしまったり、老犬になり、あまり動くことができなくなったりしてしまいます。

それはとっても寂しいことですが、これまでいろいろな面で家族に尽くしてくれたという感謝の気持ちを込めて、老後のお世話をしてあげたいものです。

最近はペットケアが充実し、動物病院もあることから、寿命が延びて15年くらい生きる犬も珍しくはなくなってきています。できる限り愛情を注ぎ続けていきたいですし、そうした愛犬から学ぶことは多いと多くの人は感じていることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です